【中京記念】レース後の談話

公開日:

①着グレーターロンドン(田辺騎手) いつも人気して、もう少しばかりだったのでホッとしました。朝から時計が速いなと感じていて、メンバーが強くなれば時計勝負になるかなと。前走、千四に使ったことで流れに乗ることができた。出たところでキープして、脚をためる。直線はいつも伸びてくれますからね。馬は完成形に近づいてきた。大きな舞台でも同じ脚が使えれば。

(大竹調教師) 競馬場ではいつもカイバを食べない繊細な面がありますからね。初めての競馬場で馬が競馬と感じていなくて、(装鞍所で)鞍を着けて初めてスイッチが入った感じでした。ようやくいろんなことが試せるようになったかな。今後は馬と相談してになりますね。

②着ロジクライ(浜中騎手) 展開的にはいい感じでした。前が引っ張ってくれて、折り合いもスムーズ。直線もしっかり伸びてくれましたから。レコードの速い時計に対応できたのも収穫があったと思います。

③着リライアブルエース(戸崎騎手) 前半の流れが速かったですが、促してついて行きました。馬場の悪いところで脚を取られていましたが、しまい伸びてくれたように力をつけています。

④着フロンティア(福永騎手) 最後までよく頑張ってくれているよ。外を回る形になって失速した感じ。もう少しうまく立ち回れていれば。

⑤着ワントゥワン(M・デムーロ騎手) 直線で伸びていますが、挟まれてしまいました。あそこがスムーズなら、もっと違ったと思います。残念です。

⑦着ミエノサクシード(川島騎手) 流れが速くて。外を回らされすぎないようギリギリのところを通ってきましたが、最後は伸び負けてしまいました。

⑧着ウインガニオン(津村騎手) 斤量(トップハンデ57・5キロ)があったかもしれませんが、テンの行きっぷりがイマイチで。その上、3頭で一緒にペースをつくる競馬に。きつい流れになってしまいましたね。

⑮着スマートオーディン(松山騎手) 直線はいいところに出せましたが、(手応えが)なくなってしまいました。できれば、外枠がよかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る