【函館2歳S】小崎アスターペガサス 人馬ともに初タイトルで飛躍へ

公開日:

 函館2歳Sを制したのはアスターペガサス。鞍上の小崎にとっても念願の重賞初Vとなった。

「今までにないくらいうれしいです」

 そう喜びをかみしめた小崎は今年でデビュー5年目。初年度から38勝を挙げるなど、騎乗技術はもともと高く評価されていた。

 しかし、ケガでの離脱もあって、2年目以降は14、13、15勝止まり。それでも、昨年はオーストラリアに長期で自主遠征するなど、ひたむきに腕を磨き続けてきた。

 その成果もあって、今年はここまで21勝と勝ち星を伸ばし、ブレークの兆しを見せている。

 アスターにはこの中間も付きっ切りで攻め馬に騎乗。もともとハミ受けに難しいところがあったが、今回の直前追い切りではコーナリングもスムーズに。コンビの絆を強めて、重賞取りへと臨んだ。

 レースはスタートで後手を踏んで後方からに。4コーナーで馬混みをさばいて外に持ち出すと、逃げ込みを図るラブミーファインをゴールできっちり鼻差とらえた。

 勝ちタイム1分9秒4はレコードだった一昨年に次ぐ好タイム。スタートを含めて、まだ粗削りな部分が残った中でこれをマークしたのだから、大したものである。

 人馬ともに今後の活躍が楽しみになる重賞初制覇だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る