【函館2歳S】小崎アスターペガサス 人馬ともに初タイトルで飛躍へ

公開日:

 函館2歳Sを制したのはアスターペガサス。鞍上の小崎にとっても念願の重賞初Vとなった。

「今までにないくらいうれしいです」

 そう喜びをかみしめた小崎は今年でデビュー5年目。初年度から38勝を挙げるなど、騎乗技術はもともと高く評価されていた。

 しかし、ケガでの離脱もあって、2年目以降は14、13、15勝止まり。それでも、昨年はオーストラリアに長期で自主遠征するなど、ひたむきに腕を磨き続けてきた。

 その成果もあって、今年はここまで21勝と勝ち星を伸ばし、ブレークの兆しを見せている。

 アスターにはこの中間も付きっ切りで攻め馬に騎乗。もともとハミ受けに難しいところがあったが、今回の直前追い切りではコーナリングもスムーズに。コンビの絆を強めて、重賞取りへと臨んだ。

 レースはスタートで後手を踏んで後方からに。4コーナーで馬混みをさばいて外に持ち出すと、逃げ込みを図るラブミーファインをゴールできっちり鼻差とらえた。

 勝ちタイム1分9秒4はレコードだった一昨年に次ぐ好タイム。スタートを含めて、まだ粗削りな部分が残った中でこれをマークしたのだから、大したものである。

 人馬ともに今後の活躍が楽しみになる重賞初制覇だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る