【函館2歳S】レース後の談話

公開日:

①着アスターペガサス(小崎騎手) 新馬戦の時よりも良くなっていたので、レースへ向かうのが楽しみでした。気合が乗っていたので空回りしてほしくなかったのですが、課題のゲートでそれが出てしまって。でも、仕掛けてからはしっかり反応。最後は“届いてくれ”と必死に追いました。勝ってくれてホッとしましたね。スピードがあって前進気勢もある。すごくいい馬です。

②着ラブミーファイン(丸山騎手) 悔しい~。デビュー戦で千八を使ったので、スタートから出していったんですが、すぐ流れに乗れましたよ。うまいこといったんだけど……、勝った馬が強かったってことですね。

③着カルリーノ(藤岡佑騎手) いい位置でしっかり走ってくれました。将来性ありそうですよ。

④着エムティアン(三浦騎手) 返し馬に行った時に芝はこなせると思いましたよ。もう少し息が入るような流れならもっと良かったんですけどね。でも、いいスピードを見せてくれました。

⑤着トーセンオパール(勝浦騎手) 頑張ってると思いますよ。こういう馬場は得意ではないのかなって気もするし。馬自身も良くなっていましたが、まだまだという感じで。それでも直線向いた時は“オッ”と思ったぐらい。これから力をつけてくれればですね。

⑨着ナンヨーイザヨイ(岩田騎手) 中団ぐらいでうまく運べたんだけどね。4コーナーで前の馬が外に張ってきたせいで、こちらもだいぶ外を回らされてしまったのが痛かったね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る