【福島テレビオープン】マサハヤドリーム混戦制す

公開日:

①着マサハヤドリーム(大野騎手) スタートは立ち遅れ気味だったけど、ペースが流れてくれたし、インでうまく折り合って運べたのがよかったですね。3、4角では馬場の悪いところも気にすることなく走ってくれて、直線で外に切り替えてからの伸びは素晴らしかったです。残り100メートルからはグッと伸びてくれました。

②着ワンダープチュック(江田照騎手) 折り合いに気をつけてとの指示。流れが速くなったんで、その点はうまくいったね。いい感じで流れに乗れたよ。最後は自分より後ろからの馬に差し込まれてしまったんだから力負けだけど、準オープンの身でこれだけ頑張ったんだから褒めていいよ。

③着ウイングチップ(柴田善騎手) 集中力に欠ける面があるね。ただ、きょうは常に目標の馬が前にいる展開になったから。その分、頑張れたんだと思う。

⑤着タイセイサミット(石橋騎手) ペースは流れていたけど、ゲートを上手に出て気分良く走っていた。精神面を重視して前について行かせました。きょうは自分からやめることなくラストまで走り切っていましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る