【福島テレビオープン】マサハヤドリーム混戦制す

公開日: 更新日:

①着マサハヤドリーム(大野騎手) スタートは立ち遅れ気味だったけど、ペースが流れてくれたし、インでうまく折り合って運べたのがよかったですね。3、4角では馬場の悪いところも気にすることなく走ってくれて、直線で外に切り替えてからの伸びは素晴らしかったです。残り100メートルからはグッと伸びてくれました。

②着ワンダープチュック(江田照騎手) 折り合いに気をつけてとの指示。流れが速くなったんで、その点はうまくいったね。いい感じで流れに乗れたよ。最後は自分より後ろからの馬に差し込まれてしまったんだから力負けだけど、準オープンの身でこれだけ頑張ったんだから褒めていいよ。

③着ウイングチップ(柴田善騎手) 集中力に欠ける面があるね。ただ、きょうは常に目標の馬が前にいる展開になったから。その分、頑張れたんだと思う。

⑤着タイセイサミット(石橋騎手) ペースは流れていたけど、ゲートを上手に出て気分良く走っていた。精神面を重視して前について行かせました。きょうは自分からやめることなくラストまで走り切っていましたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る