【佐世保S】勢いをつけて重賞に進むのはどの馬か

公開日:

 小倉のオープニングを飾るのは、準オープンの佐世保S。4週目に行われるサマースプリントシリーズ第4戦、北九州記念を見据え、フルゲート割れの13頭ながら好メンバーが集まった。

 レインボーフラッグは昨暮れから短距離に矛先を向けて、一気に開花した。あっさり一千万特別を勝つと、昇級後も6戦して3度の連対を果たした。初の千二に対応できれば、安定感は一枚上。クラス卒業が見えてくる。

 唯一の降級馬がオールポッシブル。2走前の朱雀Sを逃げ切って、一度はオープン入り。前走の豊明Sは主導権を握りかけたところで、内、外から競りかけられる厳しい展開に泣いた。良馬場、単騎なら。

 オーヴィレールはオープンで②着がある実力馬。今夏のテレビユー福島賞⑤着は“行った行った”の前残り。後方から上がり3F33秒9で0秒3差なら力は示した。軽い馬場を得意とするタイプで有力視される。

 他にもコース実績があるスマートグレイス、ブラッククローバー、スノーエンジェルらに加え、テレビユー福島賞で14番人気③着と波乱を演出したパーリオミノルあたりも争覇圏内だろう。

 昨年はダイアナヘイローがここを勝ち、北九州記念Vへつなげた。今年も注目したい。

佐世保S登録馬 芝一二〇〇メートル

オーヴィレール  55和 田
オールポッシブル 55――
ゲンキチハヤブサ 57鮫島良
コーディエライト 52――
スカイパッション 55――
スノーエンジェル 55――
スマートグレイス 55 幸 
ニシオボヌール  57高 田
パーリオミノル  55鮫島駿
ブラッククローバー57松 山
メイショウブイダン57国分優
レインボーフラッグ57――
レッドリーガル  57――

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る