【クイーンS】ディアドラ好発進

公開日:

 ディアドラが秋に向けて、札幌のクイーンSで始動する。

 昨年の夏~秋、一気にブレークした。オークス④着以来だったHTB賞で古馬相手に快勝。続く紫苑Sを鼻差の接戦でモノにすると、秋華賞ではメンバー最速の3F35秒7の末脚で差し切り。

 初勝利はデビュー3戦目、2勝目はそこから7戦目だった。それが3連勝でGⅠウイナーの仲間入りを果たした。

 エリザベス女王杯はスローで展開が向かず、⑫着に敗退。冬場はリフレッシュ放牧へ。

 今年は初戦の京都記念こそ⑥着だが、ドバイターフで③着同着。初めての海外遠征も何のその、[12][12][10]から力強い伸び。世界の強豪相手に互角に渡り合ったから凄い。

 込山助手は「勝つかとも思ったけどね。相手が強かった。でも、いいコンディションで使えて、うまく乗ってくれた」と振り返る。

 レース後は検疫↓放牧を経て6月6日、早々と栗東に戻ってきた。

 当初から目標はこのレース。坂路で4本の時計を出して、7月4日には函館入り。11日にサッと追われ、先週18日にはルメールが手綱を取り、ウッド5F68秒9―40秒6、1F13秒4を馬なりでマークだ。

「いつもと変わらない雰囲気だよ。体も今で500キロくらい。ルメールも“順調だね”って。うん、態勢は整っている」

 昨年の3連勝はいずれも二千で、札幌、中山、京都内回り。追い込み脚質の割には、小回りにも対応できるタイプ。何よりも登録時点で11頭と少頭数なのは、さばきやすくていい。

 昨夏に勝ったゲンのいいコースで今年も――。そして、また連勝街道を突き進む。

クイーンS登録馬 芝一八〇〇メートル

アグレアーブル  55モレイラ
アンドリエッテ  55国分恭
エテルナミノル  55四 位
ソウルスターリング56北村宏
ツヅミモン    51――
ディアドラ    55ルメール
ティーエスクライ 55竹之下
トーセンビクトリー55岩 田
ハッピーユニバンス55藤岡康
フロンテアクイーン55蛯 名
リバティハイツ  51北村友

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る