木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【土曜札幌11R・TVh賞】休養でさらにパワーアップしたロライマ

公開日:

 ロライマが5カ月半ぶりの実戦を好発進で決める。

 能力の高さは若駒の時から名門・松田国厩舎でも折り紙つきだったが、出世の邪魔をしていたのが気性難。そこで3~4歳の放牧中に去勢を施された。

 騸馬になるとホルモンのバランスが崩れて体調が整うのに1年かかるといわれている。ロライマも例に漏れず、五百万卒業に約1年かかったが、弾みがついたらトントン拍子。準オープンまで駆け上がってきた。

「この休養でトモにさらにボリュームがつきましたよ」と三方助手。

 素質馬がパワーアップしたうえにハンデも手頃な55キロとくれば主役視は当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る