木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【日曜札幌11R・クイーンS】3歳馬リバティハイツで大逆転

公開日:

古馬GⅠ馬相手でも軽量51㌔なら

 3歳馬リバティハイツが古馬を一蹴する。

 過去10年、クイーンSで3歳馬は4勝②着1回と大活躍。その要因は古馬に比べて圧倒的に有利な斤量設定だろう。

 特に今年のリバティは勝ち鞍が未勝利、GⅡフィリーズRの2つで本賞金がまだ3000万円。なので、3歳馬のベースである51キロでの出走。

 対して古馬は55キロ。ソウルスターリングにいたっては56キロを背負う。一般的に1キロ=2馬身だから、これは大きなアドバンテージとなる。

 春を早々に切り上げてじっくり休養し、雰囲気もいい。

「数を使ってないので上積みもありますし、放牧での充電効果も大きいです」とは小川助手。

 ここで結果を出して飛躍の秋につなげる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る