木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【日曜札幌11R・クイーンS】3歳馬リバティハイツで大逆転

公開日:

古馬GⅠ馬相手でも軽量51㌔なら

 3歳馬リバティハイツが古馬を一蹴する。

 過去10年、クイーンSで3歳馬は4勝②着1回と大活躍。その要因は古馬に比べて圧倒的に有利な斤量設定だろう。

 特に今年のリバティは勝ち鞍が未勝利、GⅡフィリーズRの2つで本賞金がまだ3000万円。なので、3歳馬のベースである51キロでの出走。

 対して古馬は55キロ。ソウルスターリングにいたっては56キロを背負う。一般的に1キロ=2馬身だから、これは大きなアドバンテージとなる。

 春を早々に切り上げてじっくり休養し、雰囲気もいい。

「数を使ってないので上積みもありますし、放牧での充電効果も大きいです」とは小川助手。

 ここで結果を出して飛躍の秋につなげる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る