【クイーンS】レース後の談話

公開日:

①着ディアドラ(ルメール騎手) 昨年も札幌で勝っているように彼女は北海道が好きですね。ケイコでのフットワークは問題なかったし、レース前の雰囲気も良くて、自信を持って乗りました。反応良く凄い切れ味を見せてくれました。ドバイでもいいレースをしてくれましたし、ここでは能力が1枚上でした。

(橋田調教師) 強かったですね。ジョッキーが馬のことを分かってくれていました。勝ち方が良かったので、次は札幌記念を視野に。いいスタートを切ってくれたと思います。

②着フロンテアクイーン(蛯名騎手) 勝ち馬が後ろにいるのは分かっていたんだけどね。自分も動いて行ったのに、凄い勢いでかわされてしまった。それでも、また脚を使っていたし、一頓挫明けも含めれば、内容は良かったと思う。

③着ソウルスターリング(北村宏騎手) 落ち着いて臨めました。道中はリズム良く運べたし、直線で少しモタれたけど、早め先頭に立つきつい展開の中、最後まで歯を食いしばって頑張ってくれました。次につながる内容だったと思います。

④着トーセンビクトリー(池添騎手) 急きょの乗り替わりでしたが、何回も戦っていましたからね。返し馬から状態の良さが伝わってきました。ロスなく乗れて、折り合いもつきました。4角の時点で“あるかな”って思ったけど、決め手の差が出てしまいました。

⑤着アンドリエッテ(国分恭騎手) 手応えが良くなかったので外に出すわけにはいかなかったです。ただ、イチかバチか馬群の間を狙ったけど閉まってしまって。結果的に勝ち馬の後ろを通ればよかったかもしれません。

⑩着リバティハイツ(北村友騎手) 休み明けでいつもより気が入っていました。距離も含め、コーナー4つの競馬も初めてだったので、戸惑いもあったかと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る