【アイビスSD】新千直の女王襲名ダイメイプリンセスは果たして〝専用馬〟なのか

公開日:

昨年の勝ち馬のような例も

 新たな千直女王の誕生だ! 新潟のアイビスサマーダッシュはダイメイプリンセスがV。レコードに0秒1差に迫る53秒8の好タイムで、堂々と1番人気に応えた。

 とにかく強かった。

 外枠有利な千直での15番枠スタート。しかしテンがそこまで速くないタイプだけに、道中は周りを囲まれる厳しいポジションに。

 それでも、抜群の手応えのまま進路を探してやや内に寄せていくと、ラスト1Fで②着ラブカンプー、④着レジーナフォルテの間を割って、力強く抜け出してきた。最後は1馬身4分の1差をつける完勝だ。

 これで5月の駿風S、韋駄天Sに続いて直線千メートルは3戦全勝。この舞台だと水を得た魚のように強い。

 今後は同厩の②着馬ラブカンプーとともに、様子を見て北九州記念に向かうとのこと。

 千直でこれだけ圧倒的なパフォーマンスを見せているだけに、やはり千二に替わるのは気になるところ。実際に前走のCBC賞にしても、スムーズさを欠いたとはいえ⑨着に敗れていた。

 ただし、管理する森田師は、「この感じなら千二でも」と今回の勝利で確かな手応えを掴んでいる様子である。

 思えば、昨年は千直12戦目の“常連”ラインミーティアが初重賞勝ち。続くセントウルSでも②着に食い込んで、見事サマースプリントシリーズを制した。

 勢いがモノをいう夏競馬。ダイメイも「夏場に強い」タイプだし、ここ2戦連続で馬体増と充実ぶりも目を引く。

 この後も“千直専用”と侮らない方がいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る