木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【土曜札幌11R・札幌日経オープン】久々もケイコで豪快に動いたカラビナ

公開日:

 オープン戦とはいえ、格下馬が数頭いる低調な組み合わせ。なら久々でも前走勝ちで勢いに乗るカラビナで勝負になる。

 鍵は5カ月ぶりの実戦。その懸念を払拭したのが今週の追い切りだ。

 3歳未勝利馬を5Fで0秒8追い掛けて直線で内に入り、いっぱいに追われるとあっという間に2秒以上も置き去りに。5F67秒5―38秒8、1F12秒1の好時計でフィニッシュした。ハードな調教を消化して、息、体ともにきっちりレース仕様になっている。

 3走前は準オープンながら日経新春杯を勝ったパフォーマプロミスと接戦を演じて②着。態勢さえ整えば、昇級初戦でも格負けはしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る