外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜新潟11R・越後S】前2戦の千直でダッシュ力を強化したヨンカー

公開日:

 先週の新潟千二ダートは5鞍中4鞍で逃げ、または先行馬がV。例年通りで前有利の傾向だ。

 ◎はヨンカー。3走前には中山千二、春風Sを逃げて④着の快速馬は前2戦で芝千直に挑戦。結果は出なかったが、果敢にハナを切ってそのスピードをアピールした。特に前走は格上のオープン特別だけに評価できる。

 今回は強気に出して行く内田を鞍上に据えてきたし、あの2戦をゲート練習と思えば、今回も好ダッシュをイメージしていい。

 直前は久々の左回りを意識し、北Cコースで追い切りを消化。「スムーズに走れていたし、夏場だけあっていい汗かいてます。体もシェイプアップできてそう」と青山助手も好感触だ。流れ込みに期待する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る