外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日曜新潟11R・レパードS】本命アドマイヤビクター

公開日:

酷暑の今年はデキと勢い重視

 人気を集めるジャパンダートダービー組の2頭は、中間の調教の活気がもうひとつの印象。大一番の後で酷暑の中2週だけに少々割り引きたい。

 今年は実績よりも勢い重視。◎はダート替わりの前々走から2戦2勝のアドマイヤビクターでいく。収得賞金900万円での「16分の9」抽選を突破しての出走だ。

 2連勝はいずれも好位からメンバー最速の上がりでまとめる好内容である。しかも未勝利勝ちは約1年ぶりでのものだったし、さらに続く五百万も上がり2Fは12秒3―12秒4の高速ラップ。これを余力残しで差し切ってみせた。

 豪快なストライドは間違いなく大物のそれ。さらに言えば、そんなタイプの割にゲートが上手でスンナリ先行できるセンスの良さもある。奥の深さはこの相手に入っても見劣らないとみた。

 1週前にはCウッドの併せ馬で6F80秒6―38秒2の好時計をマーク。「さらに良くなってますよ」とは陣営だ。勢いそのままにタイトルをゲットする。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る