【レパードS】人気馬総崩れテン乗りでハナを奪った内田グリムの気合勝ち

公開日:

 新潟のレパードSは内田グリムが逃げ切り。重賞初制覇を決めた。

「ジョッキーがうまくペースを落としてくれて、理想的な競馬ができました」

 野中師も賛辞を送った通り、さすがの手綱さばきだった。

 スタートして周りが行かないとみるとハナへ。芝千二のデビュー戦以来となる逃げの手に出た。

 そこからのペース配分も見事。2F目から11秒6―12秒4―13秒0と徐々にラップを落とし、5F通過は61秒9のスローに持ち込んだ。

 ラストは外からヒラボクラターシュが並びかけると、パワフルなフォームで応戦。首差しのいでゴールを迎えた。

 これまで千四、千六でしか勝ち星がなかっただけに、今回の勝利で距離にメドを立てたのは大きい。暮れのGⅠに向けて今後も目が離せない存在になりそう。

 一方、グレートタイムは⑥着、ドンフォルティスも④着と上位人気2頭は馬券圏内を外す結果になった。

 ともに7月11日に行われた大井のジャパンダートダービーから参戦。特にグレートタイムはユニコーンS②着から間隔を詰めて長距離輸送をクリアしながらのもの。

 確かに、今回はグリムの内田がつくった先行有利の展開に泣かされたのもあった。しかし、記録的な酷暑の中、世代のトップレベルを相手に連戦してきた後で、さすがに“お釣り”が残っていなかったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る