【レパードS】レース後の談話

公開日:

①着グリム(内田騎手) スピードがあるんで、わざわざ押さえ込まず、番手にこだわらなくてもいいかなと。それで、自然と行く形に。ペースも落ち着いていい感じで運べたね。並んでからしぶとく伸びるのが持ち味。直線で馬が来たら、もうひとつギアが入ってくれた。4コーナーまでいい形で行ければ、力を発揮できると思ってた。千八をこなして少しずつ幅も広がるし、楽しみだよ。

②着ヒラボクラターシュ(福永騎手) イメージ通りに乗れたし、最後までよく頑張ってたよ。最後は差し返されちゃったね。残念。

③着ビッグスモーキー(大野騎手) 1度たたいて上積みがありましたね。大型馬なんで前走の小回り福島より新潟の方がコースも合ってます。ラストまでしぶとく伸びてくれました。

④着ドンフォルティス(石橋騎手) 内枠を生かしてうまく立ち回れた。勝負どころも多少うながす程度。いい手応えで直線に向けたし、あとは砂を(かぶらないように)どかせられればと思ったよ。ただ、直線はシュッと伸びて、後はジワジワという感じだった。

⑤着アルクトス(田辺騎手) 瞬発力勝負になってしまいましたね。これだけペースが遅いならもっと前に行かす手もあったけど、ずっと押さえるレースをしてきた馬なんでね。きょうは展開が向かなかったよ。

⑥着グレートタイム(ルメール騎手) 少し疲れていたかな。スタート直後から進みが悪かったし、ポジションを上げようとトライしても反応が鈍かったよ。リフレッシュした方がいいと思う。

⑦着オノリス(北村宏騎手) ゴチャつくところが多くて苦しい立ち回りになりました。それでも最後まであきらめないで伸びてくれましたよ。

⑨着アドマイヤビクター(戸崎騎手) スタンド前で挟まれて後ろからに。流れに乗れなかったし、キャリアの浅さが出てしまいましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る