【UHB賞】横山親子のワン・ツーで波乱に

公開日:

レース後の談話

①着クリーンファンキー(横山武騎手) 道中はスムーズだったんですが、直線で手綱を引っ張るところがあって、騎手としてまだ未熟なところがありました。ただ、最後は馬の力で突き抜けてくれました。(②着は気づきました?)夢中で追っていたので、ゴール過ぎてからお父さんだとわかりました。勝てて気持ち良かったです。

②着ライトフェアリー(石毛調教師) 好スタートを切って、うまくジョッキーもためて乗ってくれましたね。最後まで止まってないけど、うまく内の馬にすくわれてしまいました。

③着アルマエルナト(丹内騎手) 折り合い良く、いい位置でスムーズに運べました。直線もスペースがあって、よく伸びてくれました。惜しかったです。

④着デアレガーロ(モレイラ騎手) ゲートでガタガタして1歩目が速くなかった。厩舎から「前を壁にして折り合いを」とのリクエストもありました。追ってからの反応も良かったのですが、届きませんでした。直線が長い方がいいかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る