勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【土曜小倉11R・阿蘇S】前有利の小倉ダートでコパノチャーリー2連覇

公開日:  更新日:

 先週の小倉競馬はGⅠ並みの熱気だった。特に日曜。好メンバーの小倉記念+竹内涼真さんで来場者は4万人超え。小倉の最多入場人員が21年ぶりに更新された。混雑ぶりは凄く、売店のアイスクリームクーラーは即、空っぽ。場内の無線LANもアナログ回線程度にしか機能せず、スマホは時々、使用不可となった。

 立役者のイケメン俳優はレース終了後のイベントで「(メイン以外で)3連単を当てましたよ!」と爽やかに話し、多くの女性ファンから黄色い大歓声を浴びていた。初めて重賞を勝った武豊騎手がかすんで見えた。

【小倉11R・阿蘇S】 含水率の公表から2週間が経過。降雨ゼロとなった先週小倉は低い数値となり、ダートは土、日曜で3・9↓2・9%と推移した。稍重域は7%からなので、かなり乾いた砂となった。その傾向は完全な“前有利”――。

 逃げ一車コパノチャーリーの独壇場だろう。

 前走で逃げた名鉄杯の千メートル通過は59秒3。12年3月からのコース改修後で最速ラップを刻んでいる。結果、強い勝ち馬に千切られての②着だが、今の小倉ダートで同じ走りをすれば、後続勢に追い駆けバテの状況をつくれる。早めの立ち回りで勝ったのが昨年のこのレース。体調良好だけに連覇濃厚とみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る