橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【土曜小倉11R・阿蘇S】クリノリーソクツモが今年も大駆け

公開日:  更新日:

 クリノリーソクツモでビッグ馬券。

 昨年のナツコクはここと同じ千七ダートの準オープン、釜山Sに参戦した。10番人気と評価は低かったが、[6][3][2]から首差②着と好走。コース適性に加えて、ハンデ52キロを十分に生かし切った印象だった。

 今年も新潟の自己条件(柳都S)には登録もせず、オープンの小倉に格上挑戦してきた。この舞台なら“チャンスあり”と踏んだに違いない。

 ハンデは釜山Sよりもさらに3キロ軽い49キロ。長期休養明けを2回使った上積みも見込める。短距離から千七にシフトするのも昨年と同じパターンだ。

 このレースは3年前に10番人気ヴァンヌーヴォーが押し切って、10人→2人→1人の組み合わせで3連単10万4170円。昨年は4番人気コパノチャーリーが勝ったものの、②③着が10、12番人気のブライトアイディア、シンゼンレンジャー。アッと驚く110万5160円が飛び出している。

 今年も穴馬の大激走に期待。


【土曜新潟11R・新潟日報賞】

 ◎はキアロスクーロ。

 2走前に一千万を4、5番手から差し切りV。昇級初戦だった前走のトリトンSは後方からの競馬になり、直線では前が詰まってしまった。それでの0秒3差⑥着ならメドは立った。

 休み明けでも仕上がりはマルがつく。狙ってみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る