橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【土曜小倉11R・阿蘇S】クリノリーソクツモが今年も大駆け

公開日:  更新日:

 クリノリーソクツモでビッグ馬券。

 昨年のナツコクはここと同じ千七ダートの準オープン、釜山Sに参戦した。10番人気と評価は低かったが、[6][3][2]から首差②着と好走。コース適性に加えて、ハンデ52キロを十分に生かし切った印象だった。

 今年も新潟の自己条件(柳都S)には登録もせず、オープンの小倉に格上挑戦してきた。この舞台なら“チャンスあり”と踏んだに違いない。

 ハンデは釜山Sよりもさらに3キロ軽い49キロ。長期休養明けを2回使った上積みも見込める。短距離から千七にシフトするのも昨年と同じパターンだ。

 このレースは3年前に10番人気ヴァンヌーヴォーが押し切って、10人→2人→1人の組み合わせで3連単10万4170円。昨年は4番人気コパノチャーリーが勝ったものの、②③着が10、12番人気のブライトアイディア、シンゼンレンジャー。アッと驚く110万5160円が飛び出している。

 今年も穴馬の大激走に期待。


【土曜新潟11R・新潟日報賞】

 ◎はキアロスクーロ。

 2走前に一千万を4、5番手から差し切りV。昇級初戦だった前走のトリトンSは後方からの競馬になり、直線では前が詰まってしまった。それでの0秒3差⑥着ならメドは立った。

 休み明けでも仕上がりはマルがつく。狙ってみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る