外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜新潟11R・新潟日報賞】スピード上位アンプロジオ押し切る

公開日:

千四は安定感抜群

 3年連続で逃げ切りが決まっているレース。高速馬場を味方にしたスピード馬が幅を利かしている傾向だ。

 ◎は安定した先行力が光るアンブロジオ。前々走のGⅡニュージーランドTこそ、中山マイルの大外枠から出負けを巻き返す形で惨敗したが、それ以外はいずれも掲示板キープの堅実派だ。

 特に千四では3歳春にオープンのクロッカスS②着、GⅢファルコンS④着のハイパフォーマンス。前走、初古馬相手の相模湖特別も、2F目から11秒台のラップが最後まで続く流れを2番手から押し切る完勝。昇級戦でも狙える内容だった。

 その後はベストの左回り千四のここへ向けて乗り込み十分。連勝機だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る