勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【日曜小倉10R・西部日刊スポーツ杯】好走条件が揃ったクリノシャンボール

公開日:

 先週の2重賞は散々だった。小倉記念の本命ストロングタイタンは心房細動でしんがり負け。そこそこ自信があったレパードS・アドマイヤビクターも枠入り後、鞍上がステッキを落として慌てるシーン。そして、発馬直後に挟まれてジ・エンド。不完全燃焼も甚だしかった。エルムS=ミツバ、関屋記念=エイシンティンクルで巻き返す!

【小倉10R・西部日刊スポーツ杯】 小倉で早くも4勝を挙げて好調な川村厩舎。◎クリノシャンボールも狙い目だ。

 好走条件がずらりと揃う。まずは時期。8月競馬を得意とし、芝のダリア賞を除けば3戦②①③着と崩れていない。歩様がほぐれることが一番の好走要因で、その3戦はいずれも小倉千ダート。昨年のこの特別戦でも動けず、仕掛けのタイミングを逸しながらも③着へ差したから適舞台だ。

 昨年同様、尾頭橋特別から狙い澄ましての参戦だ。また、最近は右回り専用“左チーク”の効果でモタれない。ここがシャドーロールのみの昨年との違い。成績をアップさせていい。

【新潟10R・柳都S】 ◎サルサディオーネは、「申請して目隠しした状態でゲート入り」(羽月師)だから、ここ2戦と違い、レース前に無駄な体力を消耗することはない。勝手知ったる丸山に鞍上が戻って勝機。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る