武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【日曜新潟11R・関屋記念】エイシンティンクル豊明S勝ちに本格化の予感

公開日:

 エイシンヒカリがフランスでGⅠイスパーン賞を②着に10馬身もの差をつけて逃げ切ったのは16年の5月。5歳でのことだった。

 3歳時から5戦5勝でオープン特別まで勝ち上がったように早くから素質は見せていたが、本格化したのは4歳秋から5歳にかけてだった。

 妹のエイシンティンクルも兄ほどではないが、5歳のここからブレークする可能性を感じる。

 兄と同様に速いラップを刻んでの逃げが武器。だが、前走の豊明Sは違った。

 15頭立ての13番枠、初の千四というのもあったが、ずっと外めを回り、4コーナーも4頭分ほどの外め。3コーナーで4番手に上昇する“好位差し”の手に出た。

 それでもきちんと結果を出しただけでなく、時計は千四1分20秒8。この時の中京は前日までの雨で重馬場発表だ。ちなみに、“重”では史上最速の時計である。

 兄ヒカリだけでなく、きょうだいの大半が逃げか2番手抜け出しで勝ってきた中、違うスタイルの競馬ができたという点が大きな収穫。これならハナにこだわるウインガニオンや、逃げて連勝中のショウナンアンセムの存在も気にはならない。

 9日(木)発行の「馬券ゼミ」の通り、ディープインパクトの牝馬はこの夏、ものすごい勢いで勝ち鞍を増産中。しかも、ティンクルは夏に強いといわれる芦毛だ。3連勝で重賞タイトルを掴む。




【日曜札幌11R・エルムS】

 いくらスローだったとはいえ、ミツバの前走は坂がある盛岡で上がり35秒2。地方のダートでは超破格の数字といえる。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る