橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【日曜新潟11R・関屋記念】ジョーストリクトリ一発あり

公開日:

重賞2勝目も人気薄で

 ジョーストリクトリの大駆け。

 昨年の春は単勝オッズ51・1倍の12番人気ながらニュージーランドTで重賞ウイナーの仲間入りを果たした。②③着が8、5番人気で馬単5万7590円、3連単49万6220円のビッグ配当となった。

 その後は5戦連続で2ケタ着順と結果を出せていない。しかし、この中間は復活ムードがある。

 7カ月ぶりだった前走後は中京記念を目標にしていたが、補欠1番手タイでギリギリ除外に。7月21日~8月1日のミニ放牧を挟んでの調整となった。

 そんな中、7月12日にCウッド6F82秒5―38秒5、1F11秒8、8月3日にも6F83秒3―38秒5、1F11秒7。楽な手応えでゴール前、鋭い伸びを見せている。ラスト1Fの12秒割れは近走ではなかなかなかったものだ。

 宮下助手が話す。

「状態はいいですよ。馬体重は同じくらいですが、体を大きく見せている。まだこれからだと思っていた3歳春に重賞勝ちしたくらい。能力はあるんだし、今の感じでどんな競馬ができるか楽しみです」

 デビューVは東京、2勝目のなずな賞は中京とともに左回りだった。新潟のマイルは合うイメージがある。

 ニュージーランドT勝ちは腕っぷしの強いシュタルケとの初コンビ。今回、初騎乗の田中勝も剛腕タイプだ。

 2つ目のタイトルも人気薄で。ドリーム馬券勝負!

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る