弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜小倉11R・博多S】素質馬ヴァフラーム差し切る

公開日:

 少頭数でも粒揃いのメンバー構成。中でも本命はヴァフラーム。6歳にしてさらに進化し続けている牝馬だ。

 今年初戦だった初音Sで自己最速の3F33秒2の末脚を発揮すれば、前走のGⅢマーメイドSでは重賞メンバーを相手に存在感を示した。

 その前走は勝ったアンドリエッテがイン強襲だし、②③着馬も道中は内を走っていた馬。これを勝負どころから大外回しで0秒4差④着に食い込んだから値打ちがある。

 デキの良さはもちろんだが、それを引き出した陣営の工夫も見逃せない。舌をくくってブリンカーを着用。もたれ癖を改善させてきたからだ。

 今回の小倉は〈2101〉の得意舞台。少頭数を味方に一気に仕留めてみせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る