木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【日曜札幌11R・エルムS】昨年の覇者 ロンドンタウンここで復活

公開日:

 ロンドンタウンが連覇を達成する。

 昨夏はエルムS→コリアCと連勝したものの、海外遠征の疲れもあったのか、その後は苦しい競馬を続けた。そこで陣営は早々にここを目標に定めて、アンタレスS後は放牧でじっくりと充電。これが奏功し、完全に立ち直った姿で函館へ帰ってくることができた。

 1週前はウッドで5F65秒1―37秒1、1F12秒2の猛時計を軽く仕掛けただけでマーク。態勢が整ったから、今週は5F72秒1と控えめだったが、体全体をしなやかに使って躍動感あふれるフットワークだった。

「良かったよ。ガーッと行く面があると聞いていたけど、しっかりコンタクトも取れていた。“本調子ならいい競馬ができる”と思っていたんだ。うん、これなら」とは手綱を取った蛯名。好感触を得た大ベテランを背に復活のノロシを上げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る