【ジャックルマロワ賞】アルファセントーリ圧勝

公開日:

売り上げ大健闘6億超え

 怪物牝馬の誕生だった。

 フランスのGⅠジャックルマロワ賞は、現地はもちろん、日本でも断然の1番人気に推されたアルファセントーリの圧勝。これで愛1000ギニー、コロネーションS、ファルマスSに続き、マイルGⅠ4連勝を達成した。

 舞台はドーヴィル競馬場の長い長い直線競馬。だが、新潟のように外の方に片寄ることはなく、外めと真ん中に分かれる2分戦に。残り2Fあたりで先頭に立つ横綱相撲だから、マイルにおいては現役欧州最強といってもいいのではないか。

 さて、今回は前哨戦のひとつ、GⅢメシドール賞を制したジェニアルが参戦するということで、馬券発売が決定された。だが、外傷を負って回避。それでもJRAは予定通りに発売に踏み切る史上初のケースとなった。

 似たケースには昨年、エピカリスが出走を取り消して、結果的に日本馬不在だったベルモントSがあるが、この時が5億1851万600円。

 今回はというと6億5677万2600円だった。

 凱旋門賞などの二千四百メートル路線とは違い、これまで発売がなかった欧州のマイル戦。また、GⅠ馬が6頭参戦の豪華メンバーでも、勝ち馬を含めて3歳馬が多く、日本のファンにはほとんどなじみのないメンバーである。

 しかも、ベルモントSは日曜朝だったが、ジャックルマロワ賞はJRAの全レースだけでなく、地方競馬の発売も終わった後。特にこの日曜は的場文男騎手の地方競馬通算勝利数の更新もあり、いつも以上に大井競馬も注目されていた。

 それを思えば大健闘の数字といえないか。競馬ファンの海外競馬への関心度は以前よりもはるかに強まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る