大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を連続で的中させ、勢いがついたら止まらない。東西トップを走る堀厩舎を担当。ジャッジは的確だ。

【土曜新潟11R・日本海S】自分の形ならしぶといケイティクレバー

公開日:

 上級条件の中長距離戦は頭数が揃いづらいとはいえ、メインレースが7頭立ては寂しい。レース番変更になる可能性もあった10R岩室温泉特別は7頭の除外が出ていたことを思うと、もったいない気もする。限られた出走枠をムダにしないためにも、来年度から「降級制度」が廃止される効果に期待したい。

 少数精鋭のメンバーで期待の◎はケイティクレバーだ。

 自分の形に持ち込めばとにかくしぶとい。重賞の京都2歳Sで③着すると、オープン・若駒Sも逃げ切り、すみれSでもキタノコマンドールの0秒1差②着に粘り込んでいる。

 陣営がデビューから5戦連続で二千メートルを選んで使ってきたように、中距離以上でリズム良く走らせたいタイプ。それだけに、小回り千八のラジオNIKKEI賞は舞台が合わなかった。

 テンに押していったものの先行がかなわず中団から。その形でも0秒6差⑥着と大崩れしなかった点は評価していい。

 今回は二千二百メートルに延びるし、スタートから1コーナーまで距離がたっぷりあるコース形態も魅力。他にハナを主張しそうなクチも見当たらないだけに、先手を奪って悠々と逃げ切る。

 相手本線は菊花賞③着馬ポポカテペトル。前走の目黒記念でも見せ場十分に④着だったように、準オープンなら力上位の存在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る