大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を連続で的中させ、勢いがついたら止まらない。東西トップを走る堀厩舎を担当。ジャッジは的確だ。

【土曜新潟11R・日本海S】自分の形ならしぶといケイティクレバー

公開日:

 上級条件の中長距離戦は頭数が揃いづらいとはいえ、メインレースが7頭立ては寂しい。レース番変更になる可能性もあった10R岩室温泉特別は7頭の除外が出ていたことを思うと、もったいない気もする。限られた出走枠をムダにしないためにも、来年度から「降級制度」が廃止される効果に期待したい。

 少数精鋭のメンバーで期待の◎はケイティクレバーだ。

 自分の形に持ち込めばとにかくしぶとい。重賞の京都2歳Sで③着すると、オープン・若駒Sも逃げ切り、すみれSでもキタノコマンドールの0秒1差②着に粘り込んでいる。

 陣営がデビューから5戦連続で二千メートルを選んで使ってきたように、中距離以上でリズム良く走らせたいタイプ。それだけに、小回り千八のラジオNIKKEI賞は舞台が合わなかった。

 テンに押していったものの先行がかなわず中団から。その形でも0秒6差⑥着と大崩れしなかった点は評価していい。

 今回は二千二百メートルに延びるし、スタートから1コーナーまで距離がたっぷりあるコース形態も魅力。他にハナを主張しそうなクチも見当たらないだけに、先手を奪って悠々と逃げ切る。

 相手本線は菊花賞③着馬ポポカテペトル。前走の目黒記念でも見せ場十分に④着だったように、準オープンなら力上位の存在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る