木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【土曜札幌11R・札幌日刊スポーツ杯】マイネルクラフトが波乱を演出

公開日:

前走は2度の不利

 ◎マイネルクラフトで高配当を狙う。

 今回と同じ条件で行われた前走の北海道150年記念では⑥着。そのレースで上位に食い込んだ馬たちの出走もあるが、狙える根拠はある。

 クラフトは4コーナーでバランスを崩し、直線でも前が壁になって割るのに手間取る不利があってのものだから。「乗り方ひとつだよ」と吉岡厩務員も“色気あり”の口ぶりだ。

 相手筆頭にはGⅠ馬ゴールドシップの全弟ゴールドフラッグ。

「集中力が続かない」(今浪厩務員)弱点をカバーするため、中間は再三併せ馬でいっぱいにたたいて気持ちを乗せてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る