外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日曜新潟11R・NST賞】越後S③着を高評価 49㌔スティンライクビーで好配当

公開日:

 過去3年の勝ち馬の斤量は51、52キロ。新潟の平坦高速ダートでは、軽ハンデ馬がスピード、瞬発力を生かして好走するパターンが多々ある。

 ◎は49キロスティンライクビーだ。前走、越後Sでは52キロを背負い、55キロオールドベイリーに0秒5差③着。人気となるオールドが1キロ減の54キロに対して、こちらは3キロ減。「このハンデなら面白いのでは」と竹内師。

 その越後Sはスタートで寄られて出足がつかず、しかも馬群の外、外を追い上げる苦しい展開に。逆境を乗り越えての好走だけに評価できる。

「以前はスムーズじゃないとモロかったんですけどね。それだけ精神面がしっかりしてきたってことかな。今は脚元もパンとしてるし、中1週も全く問題ないですよ」

 心身ともに充実の今なら、準オープンの身でも侮れない。穴に狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る