見たか!ヘヴンリーロマンスの神懸かった激走

公開日:

 先週、アウォーディーの急逝が発表されました。8歳とはいえ今年の川崎記念でも③着。あまりにも残念でなりません。冥福を祈る気持ちを込めて、その母ヘヴンリーロマンスの活躍を思い出そう。

“あの天皇賞”が強烈な印象を残す彼女ですが、そこまでは決して派手な道のりではありませんでした。未勝利から一つ一つ勝ち上がり、4歳暮れの阪神牝馬Sで重賞初制覇。ここから勢いに乗るかと思いきや、年が明けると⑥⑪⑩⑩着。陣営はやむなくリフレッシュ放牧へ出すことに。

 復帰したのは8月のクイーンS。我が一口愛馬レクレドールとハナ差の大接戦を演じ、上り調子で迎えた札幌記念。ここで彼女は人気薄ながら驚くような激走を見せます。道中は後方でジッと我慢。直線で堂々と馬群を割ると、最後はファストタテヤマの猛追をしのいで重賞2勝目! 

 そして衝撃の天皇賞(秋)制覇へと続くのですが……。あの夏~秋の快進撃はホント神懸かってたなぁ。しかもクイーンSからの3戦は10、9、14番人気。彼女を信じた人たちはまさにヘヴンリー、天にも昇る気持ちだったでしょうね。アハハ。

 今年は好メンバーがそろい混戦模様。一応、◎はネオリアリズム。札幌で大暴れ中のモレイラ騎手に託します。相手はサクラアンプルール、マカヒキ、ミッキースワロー、サングレーザー。今回は牡馬ばかりの5頭3連複BOX計10点でいってみます。

◎ネオリアリズム  
○サクラアンプルール
▲マカヒキ     
△ミッキースワロー 
△サングレーザー  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る