• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【札幌記念】わずかな隙間見逃さなかった福永のファインプレー 勝負を決めたサングレーザーのマイル適性

 夏の大一番、GⅡ札幌記念は2番人気サングレーザーが差し切って重賞3勝目を飾った。

 レースは最内1番枠のマルターズアポジーが先手を奪うものの、真ん中からネオリアリズム、大外枠アイトーンも出ムチを入れて前へ。2、3F目が10秒4―11秒5で、前半3Fは34秒4。力の要る洋芝で、稍重馬場を考えるとかなり速い。

 サングレーザーは中団の内めを追走。前に馬を置いてガッチリと折り合いをつけた。勝負どころで外の各馬が上がっていくが、サングは前が壁で動けずポジションを下げる格好に。それでも、残り100メートルでサクラアンプルールとサウンズオブアースとの間を突くと、一気に抜け出してゴール前はマカヒキを鼻差とらえてみせた。

「4角では出るところがなかったが、慌てずに我慢。直線は何とか1頭分のスペースに潜り込めました。ビッシリ追えなかったけど、馬が頑張ってくれましたね」

 とは福永。わずかな進路を突いた鞍上のファインプレーも光ったといえよう。また、②③着のマカヒキ、モズカッチャンと違い、こちらはマイラー。“一瞬の切れ”という最大の武器を生かし切った。

 次走は未定だが、「二千をこなして選択肢が広がった」(福永騎手)となれば、秋の盾取りも見えてきたということか。

ダービー馬マカヒキも完全復活

 また、ダービー馬マカヒキも②着に敗れたとはいえ、4角は大外を回る王道の競馬。いったんは先頭に立つ見せ場をつくり、復調気配をアピールした。

 ③着モズカッチャンもこれまで休み明けは⑦④着だったが、上がり最速の3F36秒0でタイム差なしまで詰めた。

 上位勢にとってはそれぞれ秋に向けて、明るい材料が見えた一戦だったといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る