【札幌記念】レース後の談話

公開日:

①着サングレーザー(福永騎手) 全てがうまくいきました。返し馬から良かったし、パワーがあるから馬場も気にならなかった。勝負どころで外から勢いよく来られて焦ったけど、どこかに突破口があると周りを見ながら我慢しました。最後1頭分のスペースをひるまずに突っ込んでくれました。以前はハミに頼っていたが馬体が完成され、フォームも変わってオーラも出てきた。距離も融通が利くようになったし、強い相手にきっちり勝ったので選択肢が広がったと思います。

②着マカヒキ(ルメール騎手) 馬がいい気持ちで走ってくれました。さすが“マカヒキ”という感じ。最後はよく伸びてくれましたが、休み明けにこの馬場で少し疲れてしまいました。

③着モズカッチャン(M・デムーロ騎手) 外枠はきつかった。直線もいいところがなかった。出して、最後の100メートルだけね。休み明けでよく頑張ってくれました。

④着サウンズオブアース(藤岡佑騎手) 正直、いい競馬より勝つ競馬をと思っていました。その中で勝つかと思ったんですけどね。この相手でも体調が良ければ、やれる証明はできたのでは。ただ、最後はもうひと押しが欲しかったです。

⑤着スティッフェリオ(丸山騎手) 相手が一気に強くなり、この展開でも頑張ってくれました。ずっと右手前で走っていたので、どこかで替えていれば違っていたと思うんですけど……。

⑥着サクラアンプルール(吉田隼騎手) 結果論として踏み遅れた方が良かったですかね。函館記念の馬群で包まれた時みたいに。早めに押し出されてフワフワとしてしまいましたから。

⑨着マイスタイル(田中勝騎手) 自分が動いていくのが速かった。さすがに最後は息切れしちゃったもんな。

⑬着ミッキースワロー(横山典騎手) これが競馬ですから。直線も渋滞して仕方なかったです。

⑭着ネオリアリズム(モレイラ騎手) いいスタートでポジションよく運べました。ただ、休み明けの分があったのかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る