• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【北九州記念】レース後の談話

①着アレスバローズ(菱田騎手) 前が速くなるだろうと考えていたし、スタートから取れたポジションで競馬を。直線は狭くなりましたが、手応えはあって最後はすごくいい脚を使ってくれました。スタッフの努力で落ち着いていたし、そのことでより力を発揮できるようになったんだと思います。前にこの馬で失敗して僕自身がそれを引きずっていたところもありました。再度、乗せていただいたオーナーや関係者に感謝しかありません。

②着ダイメイプリンセス(秋山騎手) 千二百メートルにもうまく対応してくれましたね。②着という結果は残念ですが、よく頑張ってくれましたよ。

③着ラブカンプー(和田騎手) 前半に少し行きたがっていたので折り合いに気をつけながら運びました。このメンバーでよく頑張っています。

⑤着セカンドテーブル(水口騎手) ゲートを出たところで挟まれてしまって、後ろからの競馬に。ただ、あそこからでも一瞬は“オッ”という競馬ができました。

⑥着アサクサゲンキ(松若騎手) この馬にしたらゲートは出てくれたと思います。しまいも脚は使ってくれていますし。ただ、今回は先行馬が止まってくれなかった。展開が厳しかったですね。

⑦着ダイアナヘイロー(武豊騎手) 取りたいポジションが取れたし、いい感じで競馬はできたんですけどね。最後は期待したほどはじけてくれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る