橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【土曜新潟11R・BSN賞】ドラゴンバローズ激変あり

公開日:

NST賞3連単33万1620円を◎○▲

 先週のNST賞は6、7番人気の関西馬が①③着。ビッグ馬券が飛び出しました。

 今週も“西の伏兵”で勝負!

【土曜新潟11R・BSN賞】

 ドラゴンバローズを狙い撃つ。

 昨年のこの時季には白川郷S②着→薩摩S③着→オークランドRCT①着でオープン入りを果たした。続くシリウスSでは初めての重賞挑戦ながら首差②着と健闘した。

 先が楽しみになったのだが……。

 その後の放牧明け3戦は⑫⑬⑯着とさっぱり。自分からやめている印象だった。再度、放牧で立て直しを図ったここ2戦も⑪⑥着。とはいえ、障害練習など調教パターンを工夫したり、チークピーシズを着けた効果もあり、流れに乗れるようにはなっている。

 今回は初めてブリンカーを装着。中1週で小倉→栗東→新潟。気持ちがグッと乗る可能性も。

 さらに、笠松の佐藤友とのコンビ。ビシビシと追いまくって、大激変がある。





【土曜小倉11R・釜山S】

 大穴メイショウバッハ。

 初勝利は放牧明け5戦目で、その2戦後にV。3勝目も4カ月ぶりを3回使った後で、それから3戦目に4勝目。“たたき良化タイプ”なのは間違いない。

 今回も4カ月半ぶりから4戦目となる。10頭立てでハンデ53キロ。前残りを期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る