木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【土曜札幌11R・WASJ第2戦】「芝はこなせる」セイカエドミザカで大波乱

公開日:

 セイカエドミザカで大穴を狙う。

 前走は12番人気という低評価を覆す勝利。それも流れが向いたフロックではなく、勝負どころから自ら動き、直線では内、外から②③着馬に迫られる苦しい展開ながらも、最後はグイッと出て着差以上に強い内容だった。

「以前は苦しいところがあったのか、精神的に参ってたんだけど、今はなくなってね。トモも良くなっていたからちょっと自信あった」

 そう笑顔で話してくれたのは松本厩務員。

 鍵は新馬戦⑪着以来の芝。だが、松本さんは「洋芝ならこなせる」ときっぱり。調教助手時はサクラチヨノオー(88年ダービー)やサクラバクシンオー(93、94年スプリンターズS)を手がけた超腕利き。その言葉を信頼する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る