橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【日曜札幌11R・キーンランドC】千二仕上げスターオブペルシャ

公開日:

名伯楽が勝算あり

 鬼才・橘はビッグ馬券となった先週日曜の新潟メイン、NST賞を大本線でズバリ。今週も2重賞でアッと驚く穴馬を見つけ出した。

 ◎スターオブペルシャ、○ムーンクエイク。藤沢和厩舎の2頭で勝負だ。

 1988年に開業し、先週までJRAで1411勝をマーク。重賞勝ちは107を数える。

 その距離別成績は次の通り。

千二=5勝 千四=11勝
千六=33勝 千八=19勝
二千=20勝 二二=4勝
二四=8勝 二五=7勝

 千二は97年にシンコウキングで高松宮杯、タイキシャトルでスプリンターズSとGⅠ勝ち。しかし、5勝と多くはない。

 それも当然。2014年以降に千二の重賞を使ったのは10回だけ。こんな具合にスプリンター適性を見極めて、ゴーサインを出しているのだ。

 昨年も名伯楽の見立て通りだった。9歳エポワスが函館スプリントS③着↓キーンランドC①着と重賞ウイナーの仲間入りを果たした。

 当然、今年の2頭も勝算あり。

 ムーンクエイクは初の千四だった京王杯SCを快勝。さらに1F短縮されても期待は大きい。

 こちらは人気サイド。穴党にお薦めはスターオブペルシャだ。

 今春にトリトンS、谷川岳Sをブッコ抜き。良血馬が5歳にして本格化を感じさせる。

 関屋記念からここへ。[3][2][2]と早めの競馬をした後、中1週で新潟から札幌に転戦する。気持ちがピリッとするのは間違いなし。“スプリンター仕上げ”とみた。


【日曜新潟11R・新潟2歳S】東の伏兵スティルネス

 東の伏兵スティルネスを狙い撃つ。

 過去10年の東西別成績はこう。

   ①②③外・③着内
 東 58690・174
 西 52450・180

 勝ち星はイーブン。②③着の数は関東馬が多いが、連対率、③着内率はほぼ同じだ。だが、人気は大きく違っている。

 関西馬は①~③着した11頭のうち9頭が5番人気以内だった。6番人気以下は6、9番人気の③着が2回あるだけ。

 対して、関東馬は19頭のうち1~4番人気が9頭。6番人気以下が1勝②着6回③着3回と10頭もいる。

 10年は9番人気マイネイサベルが差し切り、②着に10番人気マイネルラクリマが粘り込んだ。③着が5番人気の関西馬で馬単6万7100円、3連単86万7410円の大波乱となった。

 15年は1番人気ロードクエストが勝ち、②③着が12、8番人気のウインファビラス、マコトルーメン。3連単26万1060円に。

 今年も人気薄の関東馬を要チェック。

 スティルネスは前記ロードクエストの妹。前走の福島千二は勝負どころをただ一頭、違った手応えで進出し、2馬身半突き放した。あの勝ちっぷりならマイルでも。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る