外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日曜新潟11R・新潟2歳S】ケイデンスコール 初戦の33秒1は出色

公開日:

 脚力はメンバー随一、ケイデンスコールの差し切りだ。

 デビュー戦の中京千六ではアドマイヤマーズの②着。続く中京2歳Sも勝った実力馬と鼻差の接戦を演じてみせた。

 そこで使った上がり3F33秒1は出色。12年の中京改修以降、2歳戦でこれより速い上がりをマークしたのは昨年7月16日、5Rの新馬戦だけ。①着ワグネリアン=32秒6、②着ヘンリーバローズ=32秒8の2頭だ。

 今年のダービー馬、さらにはセレクトセールで1億2960万円の素質馬に次ぐ決め脚は重賞級といっていいだろう。

 当該舞台での前走で1分34秒3の好時計Vは納得だし、その②着馬が先週の未勝利を圧勝したことも、◎のレベルの高さの証明となる。

 Cウッドの直前追いでは余力残しで1F11秒7なら、今回はさらに切れるイメージを持てる。豪快に突き抜けるとみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る