【新潟2歳S】ロサードで初重賞勝利 興奮して眠れず…

公開日: 更新日:

 先週のウインズ小郡でのイベントは大盛況でした。予想は外してしまったものの、笑顔のお客さんが多くて。来てくださった皆さん、本当にありがとうございました! いや~、やっぱり競馬のイベントは楽しいですねぇ。

 明日の注目は新潟2歳S。勝ち馬はもちろん、過去の②着馬にはイスラボニータやジャスタウェイもいますからね、要チェックです。

 で実は、僕にとっても忘れられないレースが。あれは1998年、まだ新潟3歳Sの名称だった頃。社台に入会して初めて出資したのが、ロサードでした。

 デビューは7月の阪神、子馬かと思うような400キロそこそこの体で、直線ふらつきながらも新馬勝ち。続いて挑んだこのレースで、並み居る強豪を打ち破って重賞制覇!

 僕にとっても初めての重賞勝利で、家へ帰ると留守電に山のようなお祝いの声が。興奮して眠れず、そのまま朝のスポーツ新聞が来るまで起きてましたよ(笑い)。ロサードは重賞を5勝もしてくれて。僕の中では「小さな名馬」です。

 それにしても久しく重賞を勝っていないので……そろそろまたあの興奮を味わいたいなぁ。

 今年はやや小粒なメンバーかな? 中心にはケイデンスコールを。新馬、未勝利、2戦連続最速の末脚は決め手勝負になりやすいこのレースにぴったり。5~7番人気あたりの馬と組み合わせての3連複フォーメーションでいきましょうか。 (俳優)
◎ケイデンスコール
○エルモンストロ
▲エイカイキャロル
注オーパキャマラード
△エイシンゾーン
△ロードアクア
△ジョディー

【3連複】フォーメーション
▼⑥→②③⑦→②③④⑤⑦⑪

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る