【新潟2歳S】ロサードで初重賞勝利 興奮して眠れず…

公開日:

 先週のウインズ小郡でのイベントは大盛況でした。予想は外してしまったものの、笑顔のお客さんが多くて。来てくださった皆さん、本当にありがとうございました! いや~、やっぱり競馬のイベントは楽しいですねぇ。

 明日の注目は新潟2歳S。勝ち馬はもちろん、過去の②着馬にはイスラボニータやジャスタウェイもいますからね、要チェックです。

 で実は、僕にとっても忘れられないレースが。あれは1998年、まだ新潟3歳Sの名称だった頃。社台に入会して初めて出資したのが、ロサードでした。

 デビューは7月の阪神、子馬かと思うような400キロそこそこの体で、直線ふらつきながらも新馬勝ち。続いて挑んだこのレースで、並み居る強豪を打ち破って重賞制覇!

 僕にとっても初めての重賞勝利で、家へ帰ると留守電に山のようなお祝いの声が。興奮して眠れず、そのまま朝のスポーツ新聞が来るまで起きてましたよ(笑い)。ロサードは重賞を5勝もしてくれて。僕の中では「小さな名馬」です。

 それにしても久しく重賞を勝っていないので……そろそろまたあの興奮を味わいたいなぁ。

 今年はやや小粒なメンバーかな? 中心にはケイデンスコールを。新馬、未勝利、2戦連続最速の末脚は決め手勝負になりやすいこのレースにぴったり。5~7番人気あたりの馬と組み合わせての3連複フォーメーションでいきましょうか。 (俳優)
◎ケイデンスコール
○エルモンストロ
▲エイカイキャロル
注オーパキャマラード
△エイシンゾーン
△ロードアクア
△ジョディー

【3連複】フォーメーション
▼⑥→②③⑦→②③④⑤⑦⑪

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る