【新潟2歳S】ジョディー ヤンチャでも「集中して走る」

公開日:

 新潟外回りコースの直線は、658.7メートル。日本一長い直線だけに、新潟2歳Sは、差し馬や追い込み馬が台頭する。しかし、今年のメンバーを見渡すと、ゲートが開いてみないと展開が読みづらい。そこで、狙いはスピードと将来性。浮上するのは、この2頭だ。

 関東の2歳戦一番星を飾ったジョディーは、初戦でスッとハナに立つ。しかし、鞍上の武藤は「レース前はほかの馬の後ろで運ぼうと考えていた」と振り返る。ゲートセンスの良さが、この馬の真骨頂だ。

 上がり3Fは11秒5―11秒4―11秒3の加速ラップを、②着馬が迫ってくるともうひと伸び。2馬身差をつけた相手は、先週のクローバー賞を楽勝したウインゼノビアだから評価していい。指揮官の戸田師が「逃げにはこだわっていない」と語るように、ピタリと折り合えるからこそできるレースぶりだ。

 写真の通りヤンチャなそぶりを見せるのは、デビュー戦のパドックで寝た父ダイワメジャー譲りなのだろうが、レースでは「集中して走る」(武藤騎手)。この父でも、オンとオフがハッキリしているのだ。

 1週前は、美浦ウッドコースで古馬500万下のアストラサンタンを追走。外に併せて1馬身先着する。5F64秒台前半で、さらにパワーアップした印象だ。なるほど、「放牧で10キロほど成長」(戸田師)したという。最終追い切りに騎乗した池添は、「手先が軽くていい走りをする」と好感触。レースセンスの良さに成長力を加味すれば、牝馬でも好勝負必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る