【新潟2歳S】ジョディー ヤンチャでも「集中して走る」

公開日:

 新潟外回りコースの直線は、658.7メートル。日本一長い直線だけに、新潟2歳Sは、差し馬や追い込み馬が台頭する。しかし、今年のメンバーを見渡すと、ゲートが開いてみないと展開が読みづらい。そこで、狙いはスピードと将来性。浮上するのは、この2頭だ。

 関東の2歳戦一番星を飾ったジョディーは、初戦でスッとハナに立つ。しかし、鞍上の武藤は「レース前はほかの馬の後ろで運ぼうと考えていた」と振り返る。ゲートセンスの良さが、この馬の真骨頂だ。

 上がり3Fは11秒5―11秒4―11秒3の加速ラップを、②着馬が迫ってくるともうひと伸び。2馬身差をつけた相手は、先週のクローバー賞を楽勝したウインゼノビアだから評価していい。指揮官の戸田師が「逃げにはこだわっていない」と語るように、ピタリと折り合えるからこそできるレースぶりだ。

 写真の通りヤンチャなそぶりを見せるのは、デビュー戦のパドックで寝た父ダイワメジャー譲りなのだろうが、レースでは「集中して走る」(武藤騎手)。この父でも、オンとオフがハッキリしているのだ。

 1週前は、美浦ウッドコースで古馬500万下のアストラサンタンを追走。外に併せて1馬身先着する。5F64秒台前半で、さらにパワーアップした印象だ。なるほど、「放牧で10キロほど成長」(戸田師)したという。最終追い切りに騎乗した池添は、「手先が軽くていい走りをする」と好感触。レースセンスの良さに成長力を加味すれば、牝馬でも好勝負必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る