【新潟2歳S】アンブロークン 「調教通りなら勝ち負け」

公開日:

 もう一頭のアンブロークンは、新馬戦から距離を1F短縮しての参戦。その初戦は、勝負どころの3角まで口を割って行きたがるそぶりを見せていただけに、距離短縮でよりレースはしやすくなるはずだ。

 陣営の期待の高さが見て取れるのが、1週前。重賞2勝の古馬セダブリランテスの胸を借りた追い切りだ。美浦ウッドコースでの直線は、先輩の内に併せて食らいつき、ラスト1Fは12秒3。厩舎の大将格だけに1馬身の遅れは仕方ないにしても、上々の動きを披露している。

 それでスイッチが入ったのか、20日は3歳500万下を5馬身追走。しまい12秒1の鋭さで、先輩を2馬身先着する。

「調教での動きができれば、勝ち負けできる」

 指揮官の手塚師が強気なのも納得だ。

 最終追い切りは馬なり調整でレースに備えた。初戦で「大きいところを狙える馬」とその素質に惚れこんだ主戦の石川はさらにボルテージを上げている。「このレースの結果次第ではGⅠも見えてくる」とパートナーのさらなるパワーアップを感じ取ったようで、「自信はあります」とキッパリだ。

 ヴィクトワールピサ産駒のGⅠ勝ちは、牝馬のジュエラー1頭だけで、サイアーランキングは冴えないが、この馬の結果次第では、暮れの大舞台・朝日杯FSに王手がかかる。超強気な陣営に乗る手か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る