• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【キーンランドC】モレイラ遅すぎた日本の初重賞V

投稿日:

ナックビーナス逃げ切りはまさにマジシャン

 遅すぎたJRA重賞初制覇だったか。キーンランドCでナックビーナスの手綱を取ったモレイラである。

 これまでJRAでは通算69勝。勝率は3割超えと驚異的な成績を挙げまくるモレイラも、重賞となると縁がなかった。

 初めてJRA重賞に騎乗したのは14年安田記念のグロリアスデイズ。これが来日初騎乗でもあったが、結果は⑥着で、その後も2週前の札幌記念まで勝ち鞍はなく、②着が2回だった。

 それらの鬱憤晴らしの場となったのがキーンランドC。ナックビーナスは重賞出走11回で②着2回と勲章には手が届いていない“似た者同士”だったが、スタートからハナを切る積極策を取り、洋芝の稍重で前半2F目から10秒7―10秒9のラップを刻む形。しかも1頭になるとソラを使うところのあるタイプでもあるのに、だ。

 それでも「最後の1Fは馬なりで勝つことができた」とモレイラ。実際、ゴールではスプリント戦では“圧勝”の2馬身半差だった。これが重賞初制覇とは思えないほど、馬の力を引き出したのだから見事というほかない。

 昨年に続いてワールドオールスタージョッキーズ連覇とはいかなかったが、その手綱さばきはファンに“マジックマン”を再認識させるものでもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る