【キーンランドC】モレイラ遅すぎた日本の初重賞V

公開日:

ナックビーナス逃げ切りはまさにマジシャン

 遅すぎたJRA重賞初制覇だったか。キーンランドCでナックビーナスの手綱を取ったモレイラである。

 これまでJRAでは通算69勝。勝率は3割超えと驚異的な成績を挙げまくるモレイラも、重賞となると縁がなかった。

 初めてJRA重賞に騎乗したのは14年安田記念のグロリアスデイズ。これが来日初騎乗でもあったが、結果は⑥着で、その後も2週前の札幌記念まで勝ち鞍はなく、②着が2回だった。

 それらの鬱憤晴らしの場となったのがキーンランドC。ナックビーナスは重賞出走11回で②着2回と勲章には手が届いていない“似た者同士”だったが、スタートからハナを切る積極策を取り、洋芝の稍重で前半2F目から10秒7―10秒9のラップを刻む形。しかも1頭になるとソラを使うところのあるタイプでもあるのに、だ。

 それでも「最後の1Fは馬なりで勝つことができた」とモレイラ。実際、ゴールではスプリント戦では“圧勝”の2馬身半差だった。これが重賞初制覇とは思えないほど、馬の力を引き出したのだから見事というほかない。

 昨年に続いてワールドオールスタージョッキーズ連覇とはいかなかったが、その手綱さばきはファンに“マジックマン”を再認識させるものでもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る