• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【WASJ】ルメール2勝で逆転Vライバルに見せつけた先輩の意地

 土、日の2日間、合計4戦で争われたワールドオールスタージョッキーズ。最終第4戦で鮮やかな逆転で優勝したのはルメールだった。

 土曜日を終了した時点でトップに立っていたのは武豊=38ポイント。そして2位がルメール=32ポイントだった。

 そして注目の日曜は第3戦で武豊が“A”ランク馬で②着20ポイントを加算、ルメールは“D”ランクで⑤着10ポイント加算。この時点で武豊=58ポイントに対して、ルメール=42ポイントとその差は16ポイントだ。

 最終第4戦ではルメールは“A”ランクのスマートエレメンツを残していたとはいえ、勝つことが“必須条件”でもあった。

 だが、それをあっさりやってのけて自身は72ポイントで武豊=59ポイントを上回ったところがさすが。最後はガッツポーズまで飛び出したように本人も優勝を強く意識していたのは間違いない。

 思えば、直前のキーンランドCはモレイラが完勝。自身は3番人気ムーンクエイクで⑨着とメインは見せ場なし。

 この札幌開催はここまで120鞍でモレイラ31勝、ルメール22勝と2人で半分近くの勝ち鞍を挙げているライバル関係だ。

 メインはモレイラに持っていかれたが、その代わりにシリーズ優勝をきっちり果たすところが、モレイラも目指すJRA外国人ジョッキーの“先輩”としての意地だったかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る