【WASJ】ルメール2勝で逆転Vライバルに見せつけた先輩の意地

公開日:

 土、日の2日間、合計4戦で争われたワールドオールスタージョッキーズ。最終第4戦で鮮やかな逆転で優勝したのはルメールだった。

 土曜日を終了した時点でトップに立っていたのは武豊=38ポイント。そして2位がルメール=32ポイントだった。

 そして注目の日曜は第3戦で武豊が“A”ランク馬で②着20ポイントを加算、ルメールは“D”ランクで⑤着10ポイント加算。この時点で武豊=58ポイントに対して、ルメール=42ポイントとその差は16ポイントだ。

 最終第4戦ではルメールは“A”ランクのスマートエレメンツを残していたとはいえ、勝つことが“必須条件”でもあった。

 だが、それをあっさりやってのけて自身は72ポイントで武豊=59ポイントを上回ったところがさすが。最後はガッツポーズまで飛び出したように本人も優勝を強く意識していたのは間違いない。

 思えば、直前のキーンランドCはモレイラが完勝。自身は3番人気ムーンクエイクで⑨着とメインは見せ場なし。

 この札幌開催はここまで120鞍でモレイラ31勝、ルメール22勝と2人で半分近くの勝ち鞍を挙げているライバル関係だ。

 メインはモレイラに持っていかれたが、その代わりにシリーズ優勝をきっちり果たすところが、モレイラも目指すJRA外国人ジョッキーの“先輩”としての意地だったかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る