【キーンランドC】レース後の談話

公開日:

①着ナックビーナス(モレイラ騎手) スタートを飛び出して行って、行くしかない、と。それでも、最後の1F手前でも余力があった。とても力のある馬。(重賞初制覇に)札幌は特別な場所になりました。

②着ダノンスマッシュ(北村友騎手) モレイラ先生にやられました。でも、3歳馬で準オープンを勝ったばかりで、相手が強くなってましたからね。緩さを残している段階で、緩い馬場。直線は、勝ち馬の反応が良くて離されてしまいました。

③着ペイシャフェリシタ(田辺騎手) 内枠でスタートを上手に出てくれました。3角で逃げ馬の後ろを取りたかったんですが、狭くなってポジションが下がったのが痛かったです。それが、最後の②③着争いに影響があったかもしれません。

④着キャンベルジュニア(M・デムーロ騎手) 頑張っている。よく頑張っている。

⑤着同着スターオブペルシャ(内田騎手) モレイラさんにはかなわないわ。でも、このクラスはスピードが違うね。リズム良く運べたけど、折り合いが付きすぎたかな。ハミを取って行く方が、最後は伸びるのかも。

⑤着同着レッツゴードンキ(岩田騎手) 落ち着きはあったし、体も良かった。だけど、休み明けの分、ゴーサインの反応が鈍かったかな。

⑦着トゥラヴェスーラ(福永騎手) スタートがうまく出せなくて。すぐにペースが落ち着いて、結果的にそれが痛かった。誰も前を捕まえに行かないから、自分で行ったけど、最後は甘くなってしまった。まあ、ゲートの駐立と、うまく出せなかったのがね。

⑨着ムーンクエイク(ルメール騎手) ずっと忙しかった。跳びが大きいから直線が短いコースではね。千四がベスト。短すぎた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る