【新潟2歳S】ケイデンスコール大外一気

公開日:

SSが入っていないロードカナロアの強み

 新潟2歳Sを制したのはケイデンスコール。大外から力強い末脚で差し切って、こちらも1番人気に応えた。

 父ロードカナロアは初年度産駒だった現3歳世代から、いきなり牝馬2冠のアーモンドアイを輩出。2年目を迎えた今年も早々に重賞ウイナーが誕生した。

 その強みは何といってもサンデーサイレンスの血が入っていないことだろう。

 今回は産駒が3頭出しで、母の父はケイデンのハーツクライ以外もダイワメジャー、スペシャルウィーク。サンデー系の良質な繁殖牝馬と配合できることが、大きな武器になっている。

 カナロア自身は重賞初勝利が3歳11月で、GⅠは4歳秋のスプリンターズSが初V。やや遅めの本格化だったが、産駒は早い時期から結果を出してくる。距離の汎用性もアーモンドアイで証明済みなのは心強い。

 デビューからの3戦、33秒1、33秒7、33秒1とメンバー最速の上がりをマークしてきたケイデンス。血統的にも伸びしろ十分で、暮れのGⅠに向けて目が離せない存在になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る