• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【新潟2歳S】レース後の談話

①着ケイデンスコール(石橋騎手) スタートが少しゆっくりだったし、雨の影響で外が伸び始めていたので慌てずに。切れるのは分かっていましたからね。外に出せる状況だったので、自然な形で。うまくギアチェンジしてくれたし、体の緩さが残る中であれだけの脚を使ってくれたので、楽しみです。初めて乗せていただいたけど、調教をしっかりやって競馬も教え込んでもらっていた。いい時に乗せてもらいましたね。

②着アンブロークン(石川騎手) 悔しいですね。向正面で行きたがって、馬混みの中で何とかなだめながらになりました。3、4角からは落ち着いて走ってくれたし、直線も頑張ってくれたんですが、着差が着差でしたからね。最後はその分が影響したのかな。気を付けてはいたんですが。

③着スティルネス(三浦騎手) あそこまできたら勝ちたかったですね。馬場や初距離などいろいろと要因はあるんでしょうが、このメンバーでは力は足りる馬だったと思います。小差だっただけに、乗り方にもうひと工夫があってもよかったかもしれません。

④着ジョディー(池添騎手) ケイコで乗ったイメージと違ってテンションが高かったです。道中も力み気味だったし、内に馬を置いて走るのが初めてだったせいか、外に逃げ気味でした。直線で勝ち馬にかわされるまでそんな感じだったんで、ロスは大きかったです。その後はまっすぐ走って前に食らいついていたように、よく頑張ってくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る