【新潟2歳S】レース後の談話

公開日:

①着ケイデンスコール(石橋騎手) スタートが少しゆっくりだったし、雨の影響で外が伸び始めていたので慌てずに。切れるのは分かっていましたからね。外に出せる状況だったので、自然な形で。うまくギアチェンジしてくれたし、体の緩さが残る中であれだけの脚を使ってくれたので、楽しみです。初めて乗せていただいたけど、調教をしっかりやって競馬も教え込んでもらっていた。いい時に乗せてもらいましたね。

②着アンブロークン(石川騎手) 悔しいですね。向正面で行きたがって、馬混みの中で何とかなだめながらになりました。3、4角からは落ち着いて走ってくれたし、直線も頑張ってくれたんですが、着差が着差でしたからね。最後はその分が影響したのかな。気を付けてはいたんですが。

③着スティルネス(三浦騎手) あそこまできたら勝ちたかったですね。馬場や初距離などいろいろと要因はあるんでしょうが、このメンバーでは力は足りる馬だったと思います。小差だっただけに、乗り方にもうひと工夫があってもよかったかもしれません。

④着ジョディー(池添騎手) ケイコで乗ったイメージと違ってテンションが高かったです。道中も力み気味だったし、内に馬を置いて走るのが初めてだったせいか、外に逃げ気味でした。直線で勝ち馬にかわされるまでそんな感じだったんで、ロスは大きかったです。その後はまっすぐ走って前に食らいついていたように、よく頑張ってくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る