そう遠くはない!?菜七子の勝利がニュースでなくなる日

公開日:

 先週土曜にJRA女性騎手の歴代最多勝利記録を塗り替える35勝目をマークした藤田が早速、翌日も結果を出した。

 新潟6R3歳上五百万下、芝二千で4番人気マルーンエンブレムに騎乗し、豪快な直線一気を決めて通算36勝目。新潟競馬場を大いに賑わせた。

「4コーナーで少しずつ外に出して、あとはタイミングだけ。うまく我慢できたので、直線はいい脚を使って、こういう馬場(稍重)もこなしてくれました。すごく楽しみな馬です」と笑顔で振り返った。

 管理する小島茂師は、「上手に乗ってくれましたね。この後は紫苑Sを使わず、ゆっくりさせたい。何年後かのエリザベス女王杯へ(笑い)」といえば、シルクレーシングの代表を務める米本昌史氏は「いいコンビになってほしいですね」と。

 これまではダートや芝の短距離での活躍が目立っていたが、今年からは芝の中、長距離でも結果を出し始めている。

 特にこのマルーンでの勝利はそれまで〈00138〉だった新潟外回りでのもの。進化が著しい。

 先々週、先週と2週連続で2つ勝利を上積み。菜七子が勝つことが珍しくなくなり、ニュースにならなくなる日も、そう遠くはないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る