外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜新潟11R・長岡S】充電完了ミュージアムヒル連対記録を伸ばす

公開日: 更新日:

 キャリア8戦で3勝②着5回、連続連対中のミュージアムヒル◎だ。

「負けた5回だって力負けって感じはなかったですよ。距離不足、ゴール前の不利、展開不向きとかでね。まだまだ上を目指せます」
 土谷助手にそう言わせる好素材3歳馬が、中間の放牧でしっかり充電しての出走である。

 2歳6月にデビューして、休みらしい休みは11月半ばからの2カ月半だけ。2月以降はクラシックに向けてメイチの勝負が続き、さらに前走でも準オープン②着からの降級馬と激しいたたき合いで競り勝った。

「タフな競馬が続いたので、この放牧はいいリフレッシュになりました。好仕上がりです」
 ならば実績を素直に信頼。昇級戦も楽々突破だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  6. 6

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る