木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【土曜札幌11R・札幌2歳S】ラブミーファインは2歳離れした対応力が武器

公開日: 更新日:

 ラブミーファインがタイトルを奪取する。

 前走の函館2歳Sは千八→千二へ一気の距離短縮が嫌われて7番人気の低評価だったが、楽に2番手につけてレースを進めると、直線では完全に独走態勢に。

 勝ったかと思われたゴール前でアスターペガサスの強襲に鼻差屈したものの、非凡な対応力を見せつけた一戦だった。

 当然、千二から千八に戻るのも心配いらない。「わざと遅いケイコで折り合いを確認した時、隣の馬は苦しがってモタれてたけど、こちらは全く平気だったよ」

 そう話すのは担当の杉山助手。

 函館2歳S惜敗の悔しさはここで清算。勝って胸を張り、この先のGⅠ戦線へ向かう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  7. 7

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  8. 8

    宇垣美里の加入で オスカー“バラエティー班”4人娘勢い加速

  9. 9

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  10. 10

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る