大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を連続で的中させ、勢いがついたら止まらない。東西トップを走る堀厩舎を担当。ジャッジは的確だ。

2週連続2重賞V今週も任せろ

公開日:

【新潟記念】ブラストワンピース好発進

 大谷記者が絶好調モードだ。先々週の札幌記念、北九州記念に続き、先週もキーンランドC、新潟2歳Sをズバリ。今週も2重賞を仕留めて夏ローカルを締めくくる――。

 ブラストワンピースが勝って秋GⅠへ。

 月曜発行の紙面作りの際に悩んだのが、このレースの推定ハンデだ。

 古馬と初手合わせのブラストが何キロになるか。潜在能力で評価するとしたら、個人的には55キロを背負わされてもおかしくないと思った。

 とはいえ、あくまでもベースになるのは実績。ダービーでは2番人気に推されたものの、⑤着ではハンデ加算の材料にしづらい。アローワンス3キロを差し引いて54キロに落ち着いたのは、妥当なところだろう。

 いくら古馬相手とはいえローカルのGⅢ。秋GⅠを狙うような3歳馬ならポテンシャルは上位。しかも、キャリアが浅い分、実績を重ねていないために、期待値ほど斤量が重くならない恩恵がある。

 もとより、ブラストの実力が世代の中でトップに近いことは、春の戦績からも間違いない。

 毎日杯では1分46秒5の好タイムで完勝。2馬身差をつけられた②着のギベオンは、続くNHKマイルCでも②着していたほど。

ハンデ54㌔はいかにも有利

 ダービー⑤着にしても内容的には負けて強しだった。

 勝ったワグネリアンの福永が道中で1、2番人気のダノンプレミアムとブラストを内に見る形。直線を向くと外からきっちりかぶせて、仕掛けを遅らせにきた。フェアプレーの範囲内で繰り出されたベテランのしたたかな技に、まんまとやられた形だ。

 そんな中でも最後は盛り返して、③着とは鼻、鼻差。2カ月ぶりでプラス10キロだったことも加味すれば、評価は全く下がらない。

 13頭立てと頭数が落ち着いた上に、直線でバラける最終週の馬場は、キャリアの浅さを補う材料にもなる。力強く抜け出して、秋への好スタートを切る。

【小倉2歳S】ルチアーナミノル圧倒

 ◎ルチアーナミノルは2戦目での初勝利だが、その内容は優秀。

 中京千四の初戦②着は直線を向いてもなかなか手前を替えず、集中力を欠いた走りだったもの。

 それが、小倉千二の前走では一変。外から競られて前半33秒9のハイペースになったが終始、楽な手応え。直線を向いてスムーズに手前を替えると、ノーステッキで3馬身差の楽勝だった。

 勝ちタイム1分8秒2は翌週のフェニックス賞よりも0秒2速く、今回のメンバーではトップの持ち時計だ。

メンバー最速の持ち時計

 父が晴雨兼用のルーラーシップなら、下り坂の空模様も心配ない。ここも一気に押し切って重賞初制覇を決める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る