アイリッシュダンスが紡ぐ物語

公開日:

 夏競馬もいよいよ最終週。来週からの秋競馬に向けて、調子を上げていくぞ~。

 明日の注目は新潟記念。ハンデ戦らしく牝馬、セン馬、高齢馬さまざまな活躍馬を出していますが、現在の競馬界にとって宝石のように輝く存在。それが1995年の勝ち馬アイリッシュダンスです。

 彼女のデビューは遅く、3歳夏。しかし2戦して勝てず、普通なら引退してもおかしくないところ……。陣営は思い切って翌年の夏まで休ませることに。これが眠れる素質を開花させたか、復帰戦から3連勝。②着を挟んでまた3連勝。何と未勝利からたった4カ月でOPへ上り詰めたのです。

 年が明けて5歳、新潟大賞典で重賞初制覇した彼女は、堂々の1番人気で新潟記念へ挑みます。牝馬にはきつい56キロを背負いながらも、4馬身差の大楽勝! まさに美しい女王の舞、でした。

 その年の有馬記念を最後に引退した彼女は2001年父サンデーサイレンスの牡馬を産みます。その仔はハーツクライと名づけられ世界を制し(ドバイシーマC)、その子供たちがまた歴史を変えていく――。アイリッシュダンスの物語は今も脈々と続いています。

 今年は3歳馬ブラストワンピースの参戦で面白くなりましたね。3歳馬が勝てば35年ぶりとなりますが、果たして。高配当を期待して◎メートルダール。左回り2000メートルはベストの舞台。難解なハンデ戦につき、5頭の馬連BOX計10点で。

◎メートルダール
○ストーンウェア
▲マイネルハニー
△グリュイエール
△エンジニア  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る