• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【小倉2歳S】ファンタジストで連覇 武豊4000勝に向けてペースアップ

 小倉フィナーレを飾る小倉2歳Sは武豊ファンタジストが早め先頭から押し切り勝ち。新馬→重賞Vを達成した。

 スタートからゴールまで武豊=ファンタジストが支配した勝利といってもいいだろう。

 その気になればハナにも行けそうな好スタートから、内で突っ張ってくる先行馬に先を譲って横並びの3番手へ。スムーズに折り合いをつけると、4角手前で先頭へ並びかけていく。直線を待って武豊の左ステッキが1発、2発、3発。鞍上のゴーサインで後続を一気に突き放すと②着以下に1馬身4分の3差をつけてゴール。隙のないレースコントロールで後続の追撃をシャットアウトしてみせた。

 ファンタジストのオーナーの廣崎利洋氏と梅田師といえば15年の桜花賞馬レッツゴードンキと同じ。「2歳夏での比較ならこっちが上かな」と梅田師なら、2戦続けて手綱をとった武豊も「この内容なら距離が延びてもやれそう」とも。活躍はこの夏だけで終わらないかもしれない。

 それにしても武豊だ。前週は札幌のワールドオールスタージョッキーズで2位。最終戦まで首位争いを繰り広げて大いに盛り上げた。その勢いに乗ってオーラス小倉は土曜3勝、日曜2勝の5勝を上積み。小倉2歳Sは昨年のアサクサゲンキに続く連覇だから、やはり“魅せる”ジョッキーだ。

 この勝利でJRA通算勝利は3995に。前人未到の4000勝まで残り「5」だ。果たしてXデーはいつか。今の勢いならそう遠くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る