【小倉2歳S】ファンタジストで連覇 武豊4000勝に向けてペースアップ

公開日:

 小倉フィナーレを飾る小倉2歳Sは武豊ファンタジストが早め先頭から押し切り勝ち。新馬→重賞Vを達成した。

 スタートからゴールまで武豊=ファンタジストが支配した勝利といってもいいだろう。

 その気になればハナにも行けそうな好スタートから、内で突っ張ってくる先行馬に先を譲って横並びの3番手へ。スムーズに折り合いをつけると、4角手前で先頭へ並びかけていく。直線を待って武豊の左ステッキが1発、2発、3発。鞍上のゴーサインで後続を一気に突き放すと②着以下に1馬身4分の3差をつけてゴール。隙のないレースコントロールで後続の追撃をシャットアウトしてみせた。

 ファンタジストのオーナーの廣崎利洋氏と梅田師といえば15年の桜花賞馬レッツゴードンキと同じ。「2歳夏での比較ならこっちが上かな」と梅田師なら、2戦続けて手綱をとった武豊も「この内容なら距離が延びてもやれそう」とも。活躍はこの夏だけで終わらないかもしれない。

 それにしても武豊だ。前週は札幌のワールドオールスタージョッキーズで2位。最終戦まで首位争いを繰り広げて大いに盛り上げた。その勢いに乗ってオーラス小倉は土曜3勝、日曜2勝の5勝を上積み。小倉2歳Sは昨年のアサクサゲンキに続く連覇だから、やはり“魅せる”ジョッキーだ。

 この勝利でJRA通算勝利は3995に。前人未到の4000勝まで残り「5」だ。果たしてXデーはいつか。今の勢いならそう遠くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る